ABOUT
学科案内

visual

教育目標・教育方針

教育目標

科学技術のめざましい発展は、その基盤となる化学の分野にも大きな発展や変革をもたらしています。物質生命化学科では教養的素養と専門的素養の調和・融合を図り、立体的思考をするための広い視野と感性を有し、あらゆる問題に積極的かつ柔軟に対応できるような総合的な技術、知識、人格を備えた技術者、研究者の教育・育成を目的とします。

専門教育と教養教育

本学での教育は、教養教育と専門教育から構成されております。

専門教育 化学に関する専門的な学習を行います。実験科目もこれに含まれます。
教養教育 理系科目だけでなく、語学、人文社会系などの文系科目や、スポーツ、保健科学についても学習し、
社会人としての一般教養を身につけます。

専門教育

化学は物質変換の学問であり、社会に役立つ多くの化学製品を生産(化学工学)することによって、現代のわれわれの豊かな生活を支えています。人類の生産活動、経済活動の恒久的な発展のために、環境問題やエネルギー問題への取り組み、超伝導物質などの新素材開発も化学者に課された重要な命題です。
また、健康や衣食住などわれわれの生活の根本を支えているのも化学であります。生物機能を解明し、それにヒントを得て、人工的に創りだした物質や反応系で生体に類似した機能を実現すること(生命化学)や生物の機能を利用するバイオテクノロジーといった先端化学に関する研究も活発に行われています。

専門教育

これらの産業や研究は、「無機化学」 「有機化学」 「物理化学」 「分析化学」という4本の柱からなりたっています。本学科では、専門科目が低学年から高学年にかけて系統的に設けられており、基礎的なものをこれらの4つの分野で学習します。さらに、これらの科目の学習と歩調を合わせながら、関連する応用的、先端的な科目も適所に配置されています。例えば、無機化学に関連する科目では無機材料化学など、有機化学では生化学や高分子化学や生物工学など、物理化学では分子工学や電気化学や量子化学など、分析化学では化学工学や分離工学などについて学習できる科目が設置されています。このように、本学科のカリキュラムは、低学年では基礎学力に比重を置き、高学年で応用的な力が身につくような体系となっています。

また、化学がどのようにしてわれわれの生活に関わっているかを理解してもらうための科目も設けております。「なぜ、このような技術が必要であったのか?」「これから必要とされる科学技術とは何か?」ということを、皆さんに深く学んでいただき、化学という学問の幅広さ、奥深さ、おもしろさを知ってもらいたいと思います。
さらに、3年次の特別演習では、学外の諸機関、企業(研究所あるいは工場)などで研修することにより(1ヵ月以内)、社会と化学技術のかかわり合いを実際に体験することもできます。

専門教育

本学科の学生にとって講義とともに重要なのが学生実験です。1年次に「定性分析化学実験」、2年次に「定量分析化学実験」、3年次に有機化学系の「有機化学実験」と「生命・高分子化学実験」および無機・物理化学系の「無機・物理化学実験」と「化学工学・電気化学実験」を受講し、実験化学の基礎を学びます。

4年次では「卒業研究」を通して実験や研究のおもしろさを経験しながら、化学技術者としての素養を磨いていきます。この「卒業研究」では、皆さん一人一人が各研究室に配属され、自分のテーマで研究を進めもらいます。実践的な経験によって、卒業後に技術者・研究者として十分に役に立つ実験技術、技量を身に付けることができます。

教養教育

一般教養に関する教育と専門領域に関する教育は互いに独立したものではありません。幅広い知識と教養を養成することにより技術者、研究者としての人格教育を行い、学問としての化学と社会生活との橋渡しをすることが目的です。そこで、教養教育の語学・数学、教養科目などを一年次から三年次まで開講し、専門科目とともに総合的に教育するシステムとなっています。
学問の分野間の壁がなくなり つつある学際化とともに、国際化が急速に進みつつあります。そこで、教養教育では必修外国語として英語科目を設け、皆さんの語学力向上の機会を提供しています。
この中には、英会話、科学技術英語などの実践的な内容も含まれています。

専門教育

学科から大学院までの一貫教育

国際的な競争が激化する現在、社会はイノベーションを創出できる人材を必要としています。本学科では、このような社会のニーズにあわせてハイレベルな教育を実施すべく、6年一貫的教育を視野に入れた教育システムを設けております。学部教育と連続性を持たせ、より高度な教育研究を大学院で行っております。そのため、約7割の学生は大学院へ進学しております。