ABOUT
学科案内

visual

沿革

昭和14年 熊本高等工業学校工業化学科として発足
昭和19年 熊本工業専門学校となる
昭和24年 熊本大学工学部工業化学科となる
昭和40年 合成化学科が新設
大学院工学研究科修士課程工業化学専攻設置
昭和44年 大学院工学研究科修士課程合成化学専攻設置
昭和61年 工業化学科、合成化学科が統合され応用化学科となる
大学院博士課程生産科学専攻設置
平成2年 大学院工業化学専攻合成化学専攻が応用化学専攻へ変更
平成8年 旧応用化学科の工業材料化学、生体関連化学、工業化学基礎分野を発展・拡充し分子工学、生物工学、材料化学、生命分子工学の四大講座からなる物質生命化学科に名称を変更
平成10年 大学院理学研究科・工学研究科を廃止し、大学院自然科学研究科博士前期課程として設置、物質科学専攻となる。さらに大学院自然科学研究科博士後期課程では、生産システム科学専攻および物質・生命科学専攻となる。
平成18年 工学部の改組により大講座制が廃止となる。大学院改組により、大学院自然科学研究科博士前期課程および博士後期課程として、産業創造工学専攻と複合新領域科学専攻が設置される。