RESEARCH
研究内容

visual

分析化学(井原研究室)

Analytical chemistry

「どこに」「なにが」「どれだけ」「どのような形態で」存在するのかということを様々な手法を用いて明らかにする研究分野です。標的物質を分離分析する技術は、化学一般、バイオ、環境、医療、食品など様々な領域で重要な役割を担っています。本学科では以下のようなバイオ分析、および関連する生体機能の制御、さらに環境分析・保全に関する研究を行っております。

バイオセンシング

標的とする遺伝子、タンパク質、生体関連物質、細胞を簡便に検出するための人工核酸の開発を行っています。標的分子との相互作用によって発光する分子、電気化学的シグナルを発する分子、分子量が変化する分子を利用し、簡便な検出を目指しています。

希土類金属錯体の発光を利用した抗がん剤代謝活性に関与する遺伝子の識別

生体機能の制御

非天然の機能性分子を組み込んだ人工核酸を作っています。これらは、金属や光などの外部刺激により酵素のような活性を発現したり、酵素がなくても核酸同士を連結・解離したりすることができるユニークな分子です。触媒作用の発現や転写・翻訳の自在な制御への応用が期待されます。

光照射により可逆的に三本鎖を形成する人工核酸

標的イオンの選択的回収・除去

金属イオンや陰イオンを高速度で回収可能な繊維状のイオン吸着剤を開発しています。対象とするイオンを効率よく回収するため、吸着剤に導入する官能基の種類や量を工夫しています。これらのイオン吸着剤は、汚染水の高速浄化への応用が期待できます。

金属イオンや陰イオンを回収する繊維状のイオン吸着剤